スペシャルチャレンジ2期生(2019年度)
I’m Challenging!

さんひょん合同会社
そん さんひょんさん

Sung Sanghyun

島根県雲南市を拠点にICTおせっかい焼きの韓国人。雲南市IT改革1.0というミッションで活動中。元ゲームプログラマー、ユーザーファーストであるゲーム開発の経験をフル活用して市民目線で地域の課題をITで解決している。韓国ソウル生まれ育ち、大阪、京都、東京に住み、たまたま2018年、人脈ゼロの雲南市に移住、ICT研究科や動くダイバシティとも言われている。現在、ICTおせっかいのブログ、ライブ配信、ハングルレッスン、雲南市木次町木次でスマートシェアリング空き家のIZMO Gateway Houseを運営中。趣味はボランティア。森高千里が好き。

雲南市IT改革1.0

私は会社の設立、ECサイト制作、地域自主組織IT化の3つの活動を進めています。外国人でありながら日本で1人での起業は大変でした。ECサイトの運営については、4月にβ版リリースし、期間中に集めた商品の県外への販路開拓をします。地域自主組織IT化については、地域へのヒアリング、座談会に参加し、2つの自主組織でITツールの使い方の説明とビジョンを語りました。課題は山積みなので乗り越えることを思うとワクワクしています。これからの目標は地域自主組織と学校へのIT導入、市内商品の県外での販路開拓を行うことです。

雲南市IT改革1.0

内容
市民のITリテラシー向上のサポート、IT業務代行、ウェブサイトの構築&運営、EC委託運営、雲南物販サイト運営、PR代理出店等
目的
  • ●独自の視点でMade in japanをコンセプトとして打ち出し、日本製というブランドを高く維持しながらメインターゲットに向けて販路を開拓する。これにより、今まで雲南圏域外に出ることがなかった地元の商品価値を、今まで雲南の顧客になり得なかった層に伝えていく。
  • ●厳選した商品を丁寧に作っている地元業者を応援すると共に、新たなファン・顧客をつくっていくことで、地元の商売の活性化とグローバルなファン・マーケットの創造を狙う。