スペシャルチャレンジ3期生(2020年度)
I’m Challenging!

躍動と安らぎの里づくり鍋山
秦 美幸さん

Miyuki Hata

雲南市三刀屋町在住。地域自主組織「躍動と安らぎの里づくり鍋山」の会長を務めている。

最後まで暮らせる
鍋山をめざして

鍋山地区の高齢住民の多くは運転免許を返納しているが、地区内はバスの侵入困難な小道も多く、タクシーも台数が限られているため公共交通での移動が困難になっている。試験的に福祉イベントへの送迎サービスと行ったところ参加率の増加も見られた。そこで生活に必要な動線を住民同士で支援し合うことで松江や出雲に出て暮らさずとも、地域で安心して暮らすことができ「鍋山で死ねる」を実現する。

「鍋山で死ねる」を実現する、
有償福祉運送を軸にした生活支援事業

内容
  • ●鍋山地区住民による地区住民のための、買い物・通院の福祉運送
今後検討
  • ●ふかたに温泉の指定管理事業
  • ●交流センターでの葬儀事業
目的
運転免許を返納しても、地域で安心して暮らすことができ「鍋山で死ねる」を実現するため。

3期生(2020年度)の
スペチャレ報告書は
こちらからご覧いただけます。