SHIMANE UNNAN-CHALLENGE

地域自主組織 

地域要望書の提出と「みとや御衣黄平和まつり」の開催

2021年05月11日

・「みとや御衣黄平和まつり」の開催について
 永井隆記念館のリニーアルオープンをきっかけに、三刀屋の賑わいを取り戻そうと、緑の桜が満開になる時季に三刀屋町内、5つの地域自主組織が共催で「みとや御衣黄平和まつり実行委員会」立上げ、毎年継続して開催することになりました。
 これから「きすきのさくらまつり」に負けないような、賑わいのある祭りにしたいと考えていますので、ご協力をお願いいたします。


三刀屋地区まちづくり協議会並びに一宮自主連合会の管轄内にある、両地区の振興発展に係る事業の採択や促進について、令和2年8月28日付けで、雲南市長に対し次の要望書を提出しています。


ところが、今年新しい市長が誕生したことから、石飛厚志市長に対し改めて要望書を提出させていただきました。
要   望   書

三刀屋地区まちづくり協議会並びに一宮自主連合会の管轄内にある、両地区の振興発展に係る事業の採択や促進について、次のとおり要望いたします。
 三刀屋地区・一宮地区内には歴史や文化の観光資源があっても、環境整備がされていないことから、単発的な観光地になっています。
 この度、改築された永井隆記念館は、今後は永井隆博士の「平和を」の精神を生かした平和学習の拠点として、来館者の増加が見込まれます。
 他方、島根県の史跡に指定されている三刀屋城址公園、三刀屋川両岸のソメイヨシノ、八重桜、全国的にもめずらしいみどりの桜「御衣黄」など豊かな観光資源を整備することで、雲南市の観光スポットとして関係人口、交流人口を増やし、更には、定住人口につながる地域活動を推進して参ります。
つきましては、別紙のとおり、三刀屋城址、坂山橋付近の駐車場の整備と桜土手の既存の和式トイレの改修、坂山橋付近の公衆トイレの新設をお願いいたします。

1・駐車場及びトイレの整備
〇永井隆記念館オープン後には多くの来館者や観光客が訪れることが予想されます。また、記念館オープンに併せ3月から5月の花見シーズンに桜まつり等のイベントを開催し、県内外からの観光客やインバウンド需要に対応するため国道54号沿い、坂山橋上側に大型観光バスも利用できる駐車場の整備及び洋式トイレの設置を要望します。

2・三刀屋城址公園の整備
〇県指定の有形文化財であり、中世の山城の貴重な遺構が残る三刀屋城址公園は、過去に植栽されたツツジや雑木が茂り、下界からも城址として確認できない状況です。また、城址山頂からは三刀屋町の街並みや下熊谷方面の中心市街地を一望できる地形ですが、樹木の繁茂により眺望が悪く、山城ブームでありながら、注目度は、出雲三城の中で今一つです。
 つきましては、観光振興及び地域振興の観点、並びに急傾斜地における防災対応の視点からも、抜本的な枯損木竹の伐採や公園の整備をしていただきますよう要望します。

以上について、「整備箇所、内容等の資料」添付のうえ、三刀屋、一宮両自主組織会長連名で要望書を提出しましました。


「みとや御衣黄平和まつり」を開催

入場受付
DSC_0796.jpg

4月18日、三刀屋交流センターを会場に「永井隆記念館竣工式」が開催されました。
この式典に併せ「第1回 みとや御衣黄平和まつり」を開催しました。
三刀屋町内5自主組織がそれぞれ出店し、たくさんの地域の皆様に購入していただきました。勿論、三密を避け、入り口を一箇所として手指消毒、検温して入場していただきました。

三刀屋地区まちづくり協議会では、若者会議の皆さんと一緒に商品(フェリーチのワッフル・パン、橘屋緑の桜餅、紅梅醤油の食べる醤油・ふりかけなど)の販売をしました。

当協議会では、みとやにこれといったお土産がないことから、太田理恵総務主幹の発案で、「ふるさとみとやクッキー」を製造販売しようと専門業者に委託しました。
クッキーに入れた焼き印は、三刀屋太鼓御衣黄、記念館の平和の鐘、平仮名でみとやなどを入れ300箱仕入れましたが、都会地で生活されているご子息やご親戚さんへの贈り物にするなど、大好評で5月10日現在で完売してしまいました。

DSC_0806.jpg

DSC_0805.jpg

DSCN7582.jpg
  雲南市長にもお買い上げいただきました。

DSC_0804.jpg