SHIMANE UNNAN-CHALLENGE

雲南市からのお知らせ/イベント情報

③株式会社吉田ふるさと村「【宿泊プランナー募集!】薬湯×美肌 20代~30代の女性向け新宿泊プランを開発せよ!」

2019年11月23日

【宿泊プランナー募集!】 美肌×薬湯 

 20代~30代の女性向け新宿泊プランを開発せよ!

▪︎株式会社吉田ふるさと村

地域資源をつなぎ、新たなターゲット向けの宿泊プランを開発!

 吉田ふるさと村のある旧吉田村は一早く高齢化と人口流出が進んだ村でした。この打開策として、地域産業振興・雇用創出を目的とし、吉田ふるさと村は設立されました。村民全員の賛同を得たいという考えのもと、村民株主を集め、結果、100人以上の村民が株主となり、この会社の設立と発展を支えています。
 吉田村は地域資源の宝庫です。どこの町にも村にも同じように宝はありますが、その宝を見つめ、生かし続けることへの努力を吉田ふるさと村は怠りません。
「利益は地域を元気にするために生かしたい。

地域を元気にする人づくりをしていきたい。
そんな思いにあふれた会社です


 2019年秋、吉田ふるさと村は長らく親しまれてきた宿・清嵐荘をリニューアルオープンさせました。斐伊川を望む美しい景色や緑に囲まれた温泉はこの村の宝のひとつです。
 これまでは歴史好きな人たちや年齢層の高い人たちをターゲットにしてきましたが、今後、清嵐荘では、20代・30代の若い女性の宿泊を増やしていきたいと考えています。

 島根県は美肌県としても名をはせ、PRを進めています。また、この地の温泉は、出雲國風土記の時代より「あまねく知られた薬湯」として知られ、今なお変わらぬお湯が湧き続けています。古くから文人にも愛され、滞在もされてきました。館内に露天風呂を含めた温泉があるのはもちろん、周辺には立ち寄り湯もあり、地元の人たちとのふれあいも生きています。さらに、近くにはリラクゼーションサービスや地元食材を使ったランチを提供する施設もオープンしました。
 薬湯と美肌という2つのキーワードと吉田村にある地域資源を生かしながら、20代・30代の若い女性向けの宿泊プランを新たに開発し、新たなお客様を吉田村に呼び込んでいきましょう!

募集対象

大学生/社会人

期間

2020年2月17日~3月19日 

テーマ

新規商品(宿泊プラン)開発

業種

宿泊業、観光業、農産加工・販売業、飲食業、原料生産産業、交通業、水道業

活動支援金

あり(¥30,000)

活動内容

●STEP1「吉田ふるさと村・清嵐荘・吉田町を徹底的に知る」

・会社の成り立ち・理念・事業の理解

・清嵐荘の理解・業務体験

・吉田町および吉田ふるさと村のもつ地域資源の理解(社員さんにインタビュー、自らの足で歩く・体験する)

・清嵐荘に宿泊しフィードバックをまとめる

●STEP2「プラン案をつくる」

・企画提案

 →プランタイトル、プラン概要、料理内容、プラン特典を考える

・企画ターゲットのヒアリング

 →ふるさと村女性社員などターゲットになる層へのヒアリングをし、ブラッシュアップをする

・企画の実現可能性の検討

 →観光部長・料理長・清嵐荘担当者と企画の実現可能性を検討する

●STEP3「プランを磨き上げる」

・中間レビューを受けての企画立案ブラッシュアップ

・HPへの告知素材を集める

●STEP4「プラン最終案作成をする」

・プラン案を仕上げ、清嵐荘HPで告知を開始する

期待する成果

【新たな宿泊プランのリリース】キーワード:美肌・薬湯を活用して、20代~30代の女性向けの宿泊プランを立案し、HP告知を開始し、販売をスタートさせる

得られる経験

・企画立案から販売告知まで、の新規プラン開発プロセス経験

・地域の魅力を生かしたプラン開発をする経験

・観光部門・宿泊部門をはじめとした様々な人たちから意見を聞きながらプランを磨き上げる経験

対象となる人

・宿泊・観光ビジネスに興味のある人

・食に興味のある人

・自ら興味関心を持って地域の魅力を発掘できる人

・柔軟な思考で企画・サービスを考えられる人

活動条件

【活動期間】約1ヶ月間(2020年2月17日~3月19日)

【活動頻度】5日/週の活動ができる方

【活動時間】9:00-18:00

【宿泊】特になし※市内に宿泊設備を用意しています。

【その他】ノートパソコン持参を推奨

活動場所

島根県雲南市吉田町

事前課題

インターネットで吉田ふるさと村や湯村温泉について事前調査をしてくること

私たちはこんなチームです!

 私たちはこれまで地元の活力を取り戻すことを目的に、地域資源を活用した色々な事業展

開に挑戦してきました。社員はそれぞれ自分が取り組んでいる業務がどのように地域貢献に

繋がるのか常に考えて仕事に取り組んでいます。

 また、私たちは地域貢献の一つということで毎年10月の最終日曜日に「日本たまごかけご

はんシンポジウム」を開催しており、今年で15年目となります。これは吉田町に賑わいを取

り戻すことを目的に社員が手作りで企画・開催しているイベントで、毎年全国から多くの

TKGファンが「たまごかけごはん」を食べにこの吉田町を訪れます。(毎年6,7月ごろか

ら社員でプロジェクトチームを設立しシンポジウムの内容を検討します。

昨年のインターン生にはこのプロジェクトチームに参加してもらいました。)

 今回リニューアルオープンした『出雲湯村温泉 国民宿舎 清嵐荘』は、出雲國風土記に「薬湯」と記され、1300年もの歴史を持つ出雲湯村温泉にある温泉宿泊施設で2019年11月19日にリニューアルオープンされ、本地域の大きな観光資源として期待されます。

インターン生へのメッセージ

■代表取締役社長 / 高岡 裕司

 長年、若者の可能性を信じ、人づくりにも情熱をかけてきました。

これまでもたまごかけシンポジウムや商品開発などたくさんのプロジェクトを若い人たちと手がけてきています。

 今回も、既成事実にとらわれない、若い人ならではの斬新な発想やアイデアに期待しています。

 共に汗を流し、時には一緒に熱く語りましょう!

■専修大学文学部環境地理学科3年 / 花輪 一樹

 こんにちは!専修大学3回生の花輪 一樹です。吉田町には、

たたらやヤマタノオロチ伝説などの観光資源だけでなく美しい自然が

数多くあります。都会で暮らす私にとっては普段は味わえない感動の

日々でした。そんな素敵な資源を生かした自分だけのオリジナルの観

光プランを作ってみませんか?ふるさと村の方々が本気で向き合って

くれますよ!!

■雲南コミュニティキャンパス事務局 / 岡部 有美子

カンブリア宮殿で取りあげられるなど、地域ビジネスの業界の

開拓者的存在です。観光・宿泊業はもちろん、商品開発にも長けており、

たまごかけごはん専用醤油を生み出した会社でもあります。地域資源を

活用してビジネスをすることについて間近で経験を積みたい方にもおすすめです!



団体概要

社名 株式会社吉田ふるさと村

所在地 〒690-2801 島根県雲南市吉田町吉田1047-2

設立 昭和60年4月

代表取締役社長 高岡裕司

資本金 6,000万円

事業内容 農産加工品の製造・販売、水道施設工事業・簡易水道の管理、市民バスの運行、くつろぎの掛け流しの宿「清嵐荘」の運営、旅行業、原料生産事業、立ち寄り軽食「TATALOVER~たたらば~」の営業

最新のお知らせ/イベント情報

2017年02月12日

幸雲南塾2016最終報告会

社会起業家や地域貢献を志す若い人材の発掘と育成を目的とした「幸雲南塾2016最終報告会」を木次経済文化会館チェリヴァホールで行い、3組6人の塾生が10・・・
雲南ソーシャルチャレンジ大発表会

Facebook

雲南市に関係するサイト