SHIMANE UNNAN-CHALLENGE

雲南市からのお知らせ/イベント情報

2017 楽しみ田井の日

2017年08月18日

8月12日(土)若者グループ「なちゅらる田井」との共同企画で、3回目となる「楽しみ田井!の日」を開催しました。
 
 第1部は前もってスタッフで作った竹いかだとタイやチューブで作ったミニいかだや、ヤマメのつかみ取りなど川遊びを楽しみました。
昨年は突然の雷で止む無く川遊びを中止しており、今年は何とかやりたいとスタッフの願いが届き、雨も止んで川遊びスタート。
89名の参加者でした。

竹いかだです。
前の時より長く作ってあって、子どもが沢山乗れました。


タイヤチューブのいかだ。


ヤマメのつかみ取り。
取ったらそのまま塩焼きで食べました。


小さい子はプールやシャボン玉で遊びました。

 第2部は、「なちゅらる田井」の企画で、深野神楽こども教室の舞でスタートし、ダンシングエンジェルズのダンス、鍵盤ユニット「KENKENBANBAN」さんの演奏、ソルティードッグのバンド演奏などのステージイベントが賑やかに開催されました。
ステージの合間にミニイイトコ発見プロジェクトの学生さんが田井のいいとこ発表をしてくださいました。

深野神楽こども教室「八俣大蛇」(ヤマタノオロチ)
大蛇が客席に飛び降りて、盛り上がってました。


ダンシングエンジェルズのダンスです。
春から人数がぐっと増えて、賑やかに踊ってくれました。


ステージの合間に、学生さんの「ミニイイトコ発見」の発表。
2拍3日で田井地区をまわって、田井のいいところを聞いて回って発見した良い所を紙にまとめて発表してくださいました。
とっても気持ちの良い学生さんたちで、ちょっとの間だったけど交流が出来て楽しかったです。
川遊びもスタッフで手伝ってくれ、子どもを見てくれたりととても助かりましたよ。
また、田井に遊びに来てほしいと会場から声が上がりました。


鍵盤ユニット「KENKENBANBAN」(けんけんばんばn)さん。
あじさいコンサートに続き2回目の来田井でした。
覚えてる子ども達が前でノリノリで踊っていました。


そして最後はソルティードッグ。
地元のスタッフが所属するバンドで、盛り上がりました。

総勢200名。懐かしい顔が沢山で、現在田井に住んでいる人との交流の場になって、『出身者や在住者、田井への思いがある人達が気軽に集まって交流出来る場所を』目指す「なちゅらる田井」の理想のお祭りになりました。
関係者の皆さん本当にお疲れ様でした。

最新のお知らせ/イベント情報

2017年02月12日

幸雲南塾2016最終報告会

社会起業家や地域貢献を志す若い人材の発掘と育成を目的とした「幸雲南塾2016最終報告会」を木次経済文化会館チェリヴァホールで行い、3組6人の塾生が10・・・
つながる雲南チャレンジ2017

Facebook

雲南市に関係するサイト