SHIMANE UNNAN-CHALLENGE

地域自主組織 

盛り上がった事業報告会

2020年02月27日

毎年、恒例の事業報告会は一年間に実施した事業を各部が地域住民に発表し、自主組織の活動を理解するものです。
 福祉部は今年度、重点事業である高齢者訪問活動を主に発表しました。
訪問先は70歳以上一人暮らし、夫婦とも80歳以上の家庭を自治会福祉委員を中心として2か月に一回、訪問してきました。今年度、福祉活動の支援として第一層包括支援コーディネーターの宮本さんに訪問の仕方について指導していただきました。
一回、一回の訪問時のテーマ、話の仕方、会話の中から感じ取ることなど指導を受け、時には宮本さんと一緒に訪問しました。
 2月のテーマは災害時の避難についてです。自治会では避難時の行動について話合われていますが、高齢者の個々人には理解されていないようです。丁寧な対応が必要であることがわかりました。
その他の発表では、防災会活動で県から派遣していただいた講師により6月から3回の研修をもとに11月に避難訓練を行ったことの成果と課題。地域経営カレッジで「空き家対策」をテーマに取り組んだことなどが発表されました。
 参加者の皆さんは改めて、参加したことなどを思い起こしながら新しい気付きもあったと思います。