SHIMANE UNNAN-CHALLENGE

地域自主組織 

出雲弁の魅力(ふるさと研修)

2019年11月15日

生涯学習部主催でふるさと研修を実施しました。
 今年は藤岡大拙先生にお越しいただき、「出雲弁の魅力」についてお話をいただきました。
 話の中で、昔の発音は、正しい発音でそれが崩れるという事は伝統文化が壊滅してしまう。
 文化は目に見えるものばかりが文化ではないこと。例えば、食文化とか宗教的な伝統文化神楽などの目に見えるものだけが文化ではなく、目に見えないものも大事な文化であり、その一つが方言(地方語)である。
 神話や、歴史・書物・体験談など分かり易く、時には笑いを誘いながらの講話がありました。
 出雲の固有な言葉や発音。これも引き継ぐ必要がある大切なものと感じました。