SHIMANE UNNAN-CHALLENGE

地域自主組織 

サマーキャンプ2019

2019年08月25日

8月2日~4日まで、恒例の「サマーキャンプ2019」を開催しました。

事業内容
・サマーキャンプ
・実施日:2019年8月2日(金)~8月4日(日) 2泊3日
・実施場所:大東町上久野383-2 かみくの「桃源郷キャンプ場」
・参加対象者:三刀屋小学校4年生参加人数35名(男子20名、女子16名)

事業(サマーキャンプ)テーマ・ねらい
・自然の中で、共通の生活体験や直接体験を通して、自然に親しみ 自然を愛する心や
基本的な生活
習慣、規範意識・責任感などを育む。
・参加する青少年の自主性や自立心を養い、学習意欲とコミュニケーション能力の育成
を図る。
・キャンプの支援体制として、大人のボランティアスタッフに加え、三刀屋高校生がサ
ポーターとして8名参加。地元三刀屋高校生が企画・運営に関わることで高校生自身の
人材育成にもつながる。
・大人・高校生と青少年の「ふれあい」を通して世代間交流を深めることも目的とする。
・キャンプスローガン(目標)
〇どんなことにもチャレンジします!
〇自分の命は自分で守ります!
〇自然を大切します!
〇友達をたくさんつくります!
〇みんなのために働きます!
DSCN6697.jpg
結団式の様子  団長(会長)あいさつ
後方は、三刀屋高校生のボランティアスタッフの11名の皆さんです。

DSC_0112.jpg
阿川校長先生から激励のあいさつをいただきました。

DSCN6698.jpg
スタッフの皆さん。

DSCN6696.jpg


スタッフの皆さん
DSC_0115.jpg
三日間使うマイハシづくり。
DSC_0116.jpg
何も指示しないのに、靴がきちんと揃えてあり、景山眞一サポーターから
激褒めあり!!

DSCN6710.jpg DSCN6708.jpg
DSCN6717.jpg 完成した箸

DSC_0137.jpg
羽化したばかりのセミ発見❕!

DSCN6722.jpg お昼は弁当です。

DSCN6725.jpg

DSCN6729.jpg
午後からテント設営
最初にテントの建て方について説明し見本を建てます。
DSCN6730.jpg DSCN6732.jpg
DSCN6738.jpg 完成

 さぁ~建ててみよう
DSCN6728.jpg
DSCN6745.jpg DSCN6747.jpg
DSCN6748.jpg
DSC_0122.jpg DSC_0123.jpg
テント設営
DSC_0125.jpgDSCN6750.jpg
完成 (10張り建てました)

DSCN6751.jpg ちょっと一休み

DSCN6753.jpg 夕食はカレーです。

DSCN6757.jpg DSCN6758.jpg 二日目 ラジオ体操
DSC_0141.jpg

DSCN6762.jpg
朝食(手づくりホットドック)
DSCN6763.jpg
DSCN6768.jpg
DSC_0146.jpg


DSCN6771.jpg
登 山
DSC_0148.jpg
 
  体力のない人は、ハイキングです。
IMG_20190803_103106 (002).jpg
IMG_20190803_103332 (004).jpg
IMG_20190803_104736_1.jpg


DSC_0150.jpg
お昼は焼きそば

          お片付け
DSC_0151.jpg

DSCN6779.jpg
 スタッフの皆さんも少しお疲れモード
DSC_0156.jpg

DSC_0157.jpg
 二日目の夕食は焼肉
DSC_0158.jpg  DSCN6786.jpg
美味しいよね!!
DSCN6785.jpg
DSCN6787.jpg
DSC_0160.jpg

DSCPDC_0001_BURST20190803175347478_COVER.jpg

DSC_0163.jpg
 【 桃源郷の夕陽 】  夕食後の夕陽がとてもきれいでした。
DSC_0164.jpg

  日没も近くなり、この「桃源郷」にもやがてとばりが下りてきます。しばらく自然の音に耳を傾けてみましょう。

 それではキャンプファイヤー、第一部、採火の儀式を始めます。
 今日一日の出来事を思い出しながら ” 遠き山に日は落ちて ” を1番は歌で、2番はハミングで歌いましょう
DSC_0166.jpg
ボンファイヤー 楽しいゲームをしました。
DSC_0167.jpg
 
いよいよキャンプファイヤー、トーチに点火です。
DSC_0170.jpg
 (火の神)
 みんなで囲んだ火、あんなに燃え盛った火、あんなに大きく明るかった火が、もうこんなに小さくなりました。
 間もなく消える時を迎えるでしょう。しかし、このキャンプ中に皆さんの胸に灯された火は、きっと消えることはないでしょう。その小さな火を次々と広げ、仲間の和に、未来の火になるように祈りましょう。

DSC_0173.jpg
DSC_0179.jpg
DSC_0184.jpg
  (火の司)
 皆さんの協力により素晴らしいキャンプファイヤーができました。
 今からこの火を見つめながらキャンプを振り返ってみましょう。・・・




DSC_0128.jpg
 朝靄の静寂した中のテントサイト

DSCN6792.jpg

DSCN6795.jpg
DSCN6797-2.jpg
  食事の準備
DSCN6802.jpg

DSCN6806.jpg

  川遊び
DSCN6809.jpg
DSCN6808.jpg




  解団式
DSCN6814.jpg

DSCN6817.jpg

           高校生の皆さん。大変お世話になりました。
DSCN6819.jpg
DSC_0194.jpg楽しいキャンプ 終わったよ!!

DSCN68245.jpg

アピールしたい点
・高校生がサポーターとして参加することにより、参加する子どもたちの表情が よりイキイキとしキャンプ生活がさらに充実して いる。より年齢の近い、高校生サポーターと生活することで、大人が指導しなくても、高校生の姿を見て学ぶ様子がうかがえ、子どもたちが責任ある行動をとれるようになり、成長する姿が見られる。
・『高校生になったら、サポーターとして参加したい!』という児童もいて、継続可能な事業でなくてはならないと実感している。
・今年で8回を数えるこのキャンプ事業は、これまで参加希望20名前後であったものが、今年度は35名と一気に増えて、相当数のサポーターを揃えなければならなかった。その点、三刀屋高校から強力な応援をいただいたことは感謝に堪えない。
・参加する子どもたちの安全・安心を確保するために、経験豊富なNCAJキャンプインストラクターが地域の大人スタッフとして2名が参加した。

                                          編集投稿責任者 安食好吉