SHIMANE UNNAN-CHALLENGE

地域自主組織 

防災避難訓練を実施しました。

2018年01月29日

 11月26日(日)、雨が降る厳寒の中、海潮地区振興会総務部主催の「防災避難訓​練」を実施しました
 大雨災害を想定した今回の訓練は、防災への意識の高揚と各自治会内の災害時要支援者の避難支援を目的として実施しました。71名の参加者(要支援者5名・小学生2名を含む)のほか、消防団員13名、スタッフ19名、看護師2名、交通指導員5名、合計110名の地域の方々の参加と協力を得ました。今回は海潮地区唯一の災害時指定避難所である海潮中学校体育館を避難場所として実施しましたが、指定避難所としては情報関連の設備等や、毛布・ストーブなどの防災用品が不十分であることも明らかとなりましたので、今後、計画的に防災設備・用品の整備を進めます。
 避難訓練終了後、雲南消防署救急班より2名の方ら救命・応急手当の指導を受けました。心肺蘇生・AEDの取り扱いをはじめ、骨折等のけがに対する応急手当や毛布・衣類を使用した搬送方法など災害現場で応急的に対応できる各種手当法の指導をいただき大変参考になりました。
 今回の防災訓練の反省及び参加者からの意見等を踏まえて、今後も継続して防災訓練を行っていく予定ですので、多数の皆さんの参加とご協力をよろしくお願いします。
 
  
   避難者受付の様子       看護師による血圧測定の様子

海潮地区振興会