SHIMANE UNNAN-CHALLENGE

地域自主組織 

「スクモ塚」のPR看板を作りました!!

2017年08月24日

8月1日に島根県立大東高校の「地域課題研究」活動の実習に久村一馬君、森山翔太君、鳥目青君、佐藤優成君、嘉本雄太君5名の高校生が塩田地区を訪れてくれました。塩田地区の名所である「スクモ塚」をPRする看板を造っていただきました。とてもいい看板が出来上がりました。「スクモ塚」の宣伝に大いに活用させていただきます。有難うございました。
以下に、実習生の一人鳥目青君からいただいた活動内容や活動に関する感想を掲載いたします。
【鳥目青君からのお便り】
大東高校の鳥目です。感想と地域課題研究でおこなったことを簡単に送られていただきます。
大東高校の地域課題研究で大東町の塩田というところに訪れさせていただきました。
今回の研究課題は、「塩田の魅力を伝える」ということでしたので、我々大東高校生と塩田の交流センターの皆様と話し合い、塩田の1番の名所といわれる「スクモ塚」の看板造りを行うことになりました。
感想
・大きな看板にスクモ塚などの絵を書いたのでこれから塩田に人が来てくれると嬉しいです。
・自分はこの地域課題研究を通じて、これまでほとんど関わりのなかった塩田に行ってみて、その良さに色々と気付かされました。
・初めに自分たちが考えていた案の実行が中々難しいことがわかり、困っていると他の案を出していただきました。とても自分たちだけでは出来なかったことをすることができました。
・看板を作成するという重大なことを僕たち高校生に任せてくれたことがまず嬉しかったです。地域課題研究で塩田に関わることができてよかったです。
・いろいろありましたが、最終的にはきれいに完成することができてきたのでよかったです。