SHIMANE UNNAN-CHALLENGE

地域自主組織 

ふれあい笹まきづくり

2016年06月16日

6月16日 一宮自主連合会の“子育て支援事業“として、三刀屋小学校の「たんぽぽ」「わかば」学級の児童と先生方、地元の指導者たちと「ふれあい笹まきづくり」を行いました。
みんなで朝の挨拶と自己紹介を終え、段取りを話し合って会場づくり、お湯も沸き、笹も団子粉も準備OK、さっそく笹まきづくりです。
笹まきづくりで一番難しいのは生地づくり、まず用意した粉をみんなでこねてこねて、柔らかすぎず固すぎず(プロは摘まんでわかる)に仕上げます。生地ができたら程よい大きさの団子をつくり、前日児童たちが学校の裏山で採ってきて下ごしらえした串を刺し、3枚から4枚の笹で巻いていきます。    
初めての笹巻きに戸惑いながらも、指導者に教えてもらって何とか仕上げる子、慣れた手つきできれいに仕上げていく子、また意外や意外、校長先生の鮮やかな手つきも披露され、どうにかみんなが食べる分巻きあがりました。
出来上がった笹まきはすぐに茹でて、甘い砂糖醤油をたっぷりつけ、頬を膨らませ「おいしい」「おいしい」と満面の笑顔の子供たち、みんなみんな笑顔、教室中笑顔でした。