SHIMANE UNNAN-CHALLENGE

地域自主組織 

夏休み子ども学校「子ども防災教室」を開催

2015年08月12日

 7月29、30、31日の3日間、小学校3年生~6年生26人が参加して、体験の場、学びの場、交流の場をメニューにした「夏休み かけや子ども学校」を開校しました。
 2日目の体験学習では雲南市社会福祉協議会から3人のスタッフの皆さんを招いて、「子ども防災教室」を開催し、災害の基礎知識・掛合地区指定避難場所の確認・非常持ち出し袋の紹介等、防災について学習しました。
 学習の後、ハイゼックス(炊き出し用袋)を使って非常食の炊き出し訓練を実施し、炊き上がった少し硬めのご飯にカレーをかけて昼食会をしました。量的には多めのご飯でしたが全員完食、非常食の乾パンの試食も口々に「美味しい!」と声が上がり、非常時の食事体験がどんなものか良く理解出来たのではないかと思います。
 家に帰ったら家族の皆さんと話し合って、「もし災害になってしまった時はどうするか、家族の中での約束ごとを決めておきましょう」と、お互いに確認して終了しました。