SHIMANE UNNAN-CHALLENGE

地域自主組織 

「高齢者思いやりロード」に指定されました。

2015年02月17日

 大東地区は、主要地方道松江木次線バイパス工事が年々進み、周辺区画整理事業とあいまって交通利便性の高い地域へと生まれ変わりつつあります。しかし、短期間に2件の交通死亡事故や複数の重大事故が発生し、日常的な交通安全意識と交通ナマーの向上が求められています。
 このたび、雲南警察署においてバイパス工事が完成した一部区間を「高齢者思いやりロード」として指定され、高齢歩行者の事故防止対策に取り組むこととなりました。
更に工事完了区間が延長するにつれて高齢歩行者事故の発生危険度が高くなります。地域ぐるみで交通安全教育・普及啓発活動を効果的に推進しましょう。