SHIMANE UNNAN-CHALLENGE

これまでの雲南市(雲南市ブランド化プロジェクト)

歴史の幸

菅谷たたら山内「高殿は今」第二弾

高殿では、本年中の修理工事完成を目指して各分野の文化財修理の職人さんによる工事が進められています。そこで今回から二回にわたって工事の様子をご紹介します。


下座に床板が張られました。ほとんどの板材は当初のもの
を再利用しています。


内壁に使われる粗朶(そだ)
樹種はカシ、クリ、クロモジュなどで曲りの少ないものを
使います。


割竹を組んだ村下座の内壁


たたら炉上部の垂れ壁部
内壁には割竹に棕櫚縄(しゅろなわ)が巻いてあり、塗った
粘土が落下しないよう工夫がされています。


高殿西側外壁の粗朶小舞(そだこまい)
通常は割竹が使われますが古い建物には粗朶(そだ)が使われ
ています。


炭坂座の内壁も竹小舞(たけこまい)となっていました。


高殿入口南側の外壁
小舞(こまい)を和釘で止め、その材に粗朶を棕櫚縄(しゅろなわ)
で編んで固定します。

次回は壁塗りの様子をご紹介します。

記事一覧

もっと見る

雲南ソーシャルチャレンジ大発表会

Facebook

雲南市に関係するサイト