SHIMANE UNNAN-CHALLENGE

これまでの雲南市(雲南市ブランド化プロジェクト)

歴史の幸

菅谷たたら山内の長屋が重要有形民俗文化財に追加指定されました

菅谷たたら山内は、たたら製鉄の関連施設が現存する唯一の地域として、昭和42年(1967)に重要有形民俗文化財に指定されていました。指定当時、山内にある長屋(村下屋敷、三番屋敷)は文化財の指定対象となっていませんでした。しかし、近年の建物調査により、この建物が大正12年のたたら操業終了時以前のものであることがわかりました。そこで、教育委員会では、長屋についても文化財の指定に向けて調査や資料の収集を行ってきました。これらの経過を経て、本年3月、46年ぶりに長屋が追加指定されました。

これにより、長屋も含めた山内の文化財施設を一体的に保存することが可能となりました。また、菅谷たたら山内における操業当時の様子をよりいっそう知ることが可能となり、長屋を指定文化財に加えることによって、さらに菅谷たたら山内の価値が高まったといえます。

                   

        村下屋敷.JPG

                   往時の面影を残す長屋の家並み

記事一覧

もっと見る

雲南ソーシャルチャレンジ大発表会

Facebook

雲南市に関係するサイト