SHIMANE UNNAN-CHALLENGE

これまでの雲南市(雲南市ブランド化プロジェクト)

歴史の幸

雲南最大の古墳群─松本古墳群

三刀屋町古城にある三屋(さんや)神社の横の道を登っていくと、丘のようにも見える開けた尾根に出ます。ここが雲南地方最大規模の松本古墳群です。6基の古墳のうち、松本1号墳と松本3号墳は、古墳群の中核であり、墳形が特筆される古墳として注目を集めています。


 松本1号墳
 松本1号墳は、1961年、畑から土器片が出土したことから、古墳であることがわかりました。現地調査の結果、全長が50mという大きな古墳で、しかも古墳の形は古墳時代前期にみられる前方後方墳であることがわかりました。前方部では、埋葬にかかわる儀式が行われ、被葬者は後方部に埋葬されています。全長が50mもある古墳は、雲南地方ではほかにはありません。
この古墳には、主体部とよばれる埋葬施設が3か所ありました。盟主が埋葬されたとみられる第1主体部は、床面に粘土が敷かれ、長さ約5.2mの箱型木棺が置かれていたと考えられています。木棺には、斜縁獣帯鏡とよばれる鏡や、ガラスの小玉、刀子、針などが副葬されていました。
古墳が築造された時期は、出土した土器から、神原神社古墳よりやや後の古墳時代前期後半ごろとみられ、数少ない前期古墳として島根県の史跡に指定されています(指定名称:「松本第1号古墳」)。
 

松本1号墳全景.JPG    
                    
松本1号古墳

松本古墳遺物(縮小).JPG

    
                 松本1号古墳 出土遺物

松本3号墳
松本3号墳は、発掘調査は行われていませんが、地形測量の結果、古墳の全長が1号古墳を上回る52mもあることがわかりました。この古墳も前方後方墳なのですが、古墳の形が特異で、前方部が三味線の撥(ばち)のように開いているのです。興味深いことに、奈良県にある、最古級の古墳ともいわれる箸墓古墳(全長286m)は同じ撥形の前方後円墳なのです。後方墳と後円墳の違いや大きさの違いはありますが、古墳の設計や規格が同じで、松本3号墳は、近畿地方の前方後円墳をモデルにして築かれたと考えられています。
箸墓古墳といえば、邪馬台国の女王・卑弥呼の墓という説もあります。邪馬台国畿内説を採るとすれば、松本3号墳の被葬者は、近畿地方あるいは、近畿地方と深いつながりのあった吉備地方と関係があったのかもしれません。前方部が撥形になった古墳は、最も早い段階の古墳といわれており、松本3号墳は1号墳よりも古い前期古墳と考えられています。
これらの古墳や、神原神社古墳などの前期古墳は、いずれも斐伊川中流域に築かれています。この流域に築かれた前期古墳はこればかりではありません。平成3年に木次町里方で発見された斐伊中山古墳群2号墳も前期古墳であることがわかったのです。
このように、出雲西部でも数少ない前期古墳が、斐伊川の中流域である赤川や三刀屋川の合流域に集まっているのは偶然なのでしょうか。この謎を解く鍵は、もしかしたら「記紀」や『出雲国風土記』にあるのかもしれません。これについては別の機会に考えることにします。
松本古墳群測量図(色付).JPG         
      
前方部が撥形に広がる3号墳と鏡などが出土した1号古墳の地形測量図

記事一覧

もっと見る

雲南ソーシャルチャレンジ大発表会

Facebook

雲南市に関係するサイト