SHIMANE UNNAN-CHALLENGE

これまでの雲南市(雲南市ブランド化プロジェクト)

歴史の幸

「川」は神々の交通路

神話がつくられたころ、「川」は神々の通り道として認識されていました。代表的な例が肥河上(斐伊川)に降り立ったスサノオノミコトが、川上から流れてきた箸を見て川を遡り、足名椎、手名椎の親子と出会う、『古事記』のヤマタノオロチ退治の前段です。このほか、神々が川を通る神話はかつての国々で編纂された風土記にも記されています。このコーナーでは、『出雲国風土記』から、神々が川を伝って移動する神話伝承をご紹介します。
神々といっても、その姿は必ずしも人の姿ばかりではありません。雷や剣、蛇など様々な姿で登場するのですが、お隣の仁多郡で登場するのが和爾(ワニ)の神様です。この和爾神は、仁多郡の阿伊(阿井)に祀られている玉日女命(タマヒメノミコト)を慕い、玉日女命に会うために阿井川を上ってきます。しかし、玉日女命は、それを拒もうと川を石で塞いでしまいます。これが仁多郡の名勝地で知られる「鬼の舌震」の由来とされています。

      P3120169(縮小).JPG

          阿井川をふさぐように巨岩が集積する“鬼の舌震”

 さて、和爾は本当にどう猛なワニだったのでしょうか。実は、このワニというのはサメであったと考えられており、『古事記』にも因幡の白うさぎや、海幸彦・山幸彦の神話物語に登場します。興味深いのは、海幸彦から借りた釣り針をなくしてしまった山幸彦が、海神の宮殿で暮らすうちに釣り針を見つけ、地上に戻る際、ワニ(サメ)に送ってもらいます。山幸彦は、ワニが引き返す時に、紐の付いた小刀をワニの頸につけてやります。このことからこのワニを「佐比持神(さひもちのかみ)」というようになったとあります。
佐比というのは「鋤(すき)」とか「砂鉄」を意味しているといわれています。つまり、佐比は鉄そのものを指し、小刀は鉄を象徴しているものと考えられます。玉日女命を慕うワニと佐比持神が重なるとすれば、『出雲国風土記』に、仁多郡の各郷では良質の鉄が造られると記されていることと何かつながりがあるのかもしれません。
次は、雲南市の海潮に因む神話伝承です。加茂町宇治の宇能治神社に祀られている宇能治比古命(ウノジヒコノミコト)が海潮にいる親神の須義禰命(スガネノミコト)に恨みをもち、日本海の海水を押し上げて親神を漂わせてしまったというのが海潮郷の地名由来とされています。古代、大雨で洪水になった時、赤川の水が逆流することがあったためにこのような伝承が生まれたのかもしれません。

        P3120177(縮小).JPG

           海水が押し上げられたとの神話伝承を伝える赤川(上流を望む) 

 このほか、『山城国風土記』の逸文には、神様が丹塗矢に化けて川を下り、玉依毘売(タマヨリヒメ)が拾った矢を床に置くと、賀茂別雷(カモワケイカズチ)という神様が生まれたという伝承もあります。
 このように、神々の移動手段には川が使われていたことがわかります。『出雲国風土記』では、オオナムチノミコトも、御子神のアジスキタカヒコノミコトを連れて、神門郡高岸郷から仁多郡三澤郷に移ります。この間の経路ははっきりと記されてはいませんが、出雲平野部と仁多郡の間には斐伊川が流れており、これまでみてきた神話伝承を考えると、斐伊川が経路だったことも考えられます。

記事一覧

もっと見る

雲南ソーシャルチャレンジ大発表会

Facebook

雲南市に関係するサイト