SHIMANE UNNAN-CHALLENGE

これまでの雲南市(雲南市ブランド化プロジェクト)

歴史の幸

神原神社古墳の被葬者はだれ?

 斐伊川の支流である赤川の下流域に築かれた神原神社古墳は、出雲地方でも早い段階で築かれた前期古墳です。以前、この古墳の上に神原神社の本殿が建っていたことから名づけられました。
 この古墳は、赤川の改修工事に伴って、昭和47年(1972)に発掘調査が行われています。この時、被葬者を納めた棺の中から、景初三年(西暦239年)という中国の年号が入った鏡が出土したことで、神原神社古墳の名は一躍全国に知られるようになりました。実は、景初三年とは、邪馬台国の女王・卑弥呼が魏(ぎ)の皇帝に使者を派遣し、皇帝から銅鏡100枚を下賜(かし)された年です。このことから、神原神社古墳から出土した「三角縁神獣鏡」は、このうちの一枚ではないかと大きな議論を呼んでいるのです。
 さて、ヤマト王権が国々をまとめあげる途上にあった古墳時代の前期、力のある豪族の墓として前方後円墳や円墳が各地に造られていました。ところが、なぜか出雲ではこの時期、前方後円墳ではなく、方墳や前方後方墳といった方形の古墳が造られていたのです。神原神社古墳もその一つであり、長さが29m×25mの方墳でした。
 被葬者は、割竹形木棺とよばれる棺に納められていました。割竹形木棺とは、一般的には長大な木を二つに割って木の中身を刳り抜き、併せて棺と蓋にしたものをいいます。神原神社古墳では、この木棺の長さが約5.7mもありました。木棺を納める石室には、この木棺を地面に直接置くのではなく、丸くなっている木棺の下部がきちんと接地するよう、粘土で窪みのある床が設けてありました。粘土床とよばれるこの方式は、出雲にはなく、畿内の前期古墳に採用されているものでした。

     石室.JPG

               神原神社古墳 竪穴石室の内部

 時期によって違う古墳の石室
 ところで、一口に古墳といっても、造られた時期、つまり古墳時代前期(およそ4世紀)と後期(およそ6世紀)では大きな違いがあります。前期の古墳にみられる竪穴式石室は、竪に穴を掘って棺を納め、周りを石や粘土で囲った後、盛り土をして二度と墓を掘り返すことはありません。一方、古墳時代後期になると、墓の横に入り口が設けられ、その奥に被葬者が埋葬される石室(横穴式石室)が設けられます。この入り口は、一旦閉じられますが、その後、再び石室に出入りすることができるのです。これによって、被葬者のほかにも、親族を追葬することができるようになりました。

 神原神社古墳に納められた副葬品
 さて、神原神社古墳から出土した副葬品は、鏡だけではありません。棺の中には被葬者に副えて多くの鉄製品が納められていたのです。主なものとして、大刀、鉄剣、鉄鏃、などの武器や、鏨、錐、鎌、鋤先といった農工具類があげられます。このうち、とても興味深い副葬品に鉄鏃があります。出土したほとんどの鉄鏃は、鑿頭式(さくとうしき)とよばれる先端が鑿のように水平になった鉄鏃でした。調査の結果、この鉄鏃は、地元ではなく畿内で製作され、神原に持ち込まれたらしいことがわかったのです。
 このようにみてくると、埋葬法や副葬品からは、畿内の香りが漂っているともいえそうです。「三角縁神獣鏡」とともに眠っていた神原神社古墳の被葬者は果たして、在地の豪族であったか、それともヤマト王権から派遣された人物であったかなど、謎は尽きません。

       神原神社古墳遺物(50%).JPG

左上:鉄鏃 中央:大刀 右上:農具類 右下:三角縁神獣鏡

記事一覧

もっと見る

雲南ソーシャルチャレンジ大発表会

Facebook

雲南市に関係するサイト