SHIMANE UNNAN-CHALLENGE

これまでの雲南市(雲南市ブランド化プロジェクト)

歴史の幸

発掘!斐伊川3万年の流れ-尾原ダム地内の遺跡-

 島根県立古代出雲歴史博物館では、平成20年12月20日(土)~平成21年2月15日(日)の期間、「発掘!斐伊川3万年の流れ-尾原ダム地内の遺跡-」と題した特集展が開催されています。

 この展覧会は、島根県教育委員会、雲南市教育委員会、奥出雲町教育委員会が、斐伊川の治水対策事業のひとつ、尾原ダム建設に先立って実施した発掘調査の成果を公開するものです。

 雲南市木次町から仁多郡奥出雲町にかけての斐伊川流域では、今から約3万年前に遡る旧石器時代の遺跡が発見されたのを始め、華麗な文様のある縄文土器や、金色に輝く装飾付き大刀、さらには鉄生産に関連した貴重な遺物が多数出土しました。

 斐伊川流域に連綿と続く人々の生活跡は、この地域の歴史が、非常に豊かで特色あるものだったことを物語っています。

 常設展入館料(一般:600円、大学生:400円、小中学生:200円)でご覧になれます。詳しくは、島根県立古代出雲歴史博物館まで(0853-53-8600)。 

記事一覧

もっと見る

雲南ソーシャルチャレンジ大発表会

Facebook

雲南市に関係するサイト